【株式会社ニッポン放送】(AM/FMラジオ放送/東京都千代田区)

【大規模イベント導入事例】音波ビーコンを活用した大規模イベントでの多様で低負荷なサービス運用

ニッポン放送様が開催するリスナー感謝イベント「ラジオパーク in 日比谷 2018」にてニッポン放送様とリコー様が番組リスナー向けに提供するサービスとしてアプスタを導入いただきました。

2006年にスタートした毎年恒例の「ラジオパーク in 日比谷」は、ニッポン放送アナウンサーやパーソナリティによるミニイベントや、特設ステージで行う公開生放送などを通じて、 ラジオリスナーと出演者たちが楽しい時間を過ごすイベントです。

専用の無料アプリをインストールし、会場の特定の場所に行くことにより、豪華景品が当たるスクラッチゲームに参加できるほか、ニッポン放送女性アナウンサーのオリジナルグッズが当たるスタンプラリーや、協賛ブースで景品プレゼントのある特典クーポンの配布などをアプリを通して展開しました。

会場に流れる音波をアプリが検知することで運営負荷を抑えたサービス

リコー様がお持ちの音声コード認識技術をアプリに組み込み、会場に設置した音声コード発信機器(以下、音波ビーコン)とアプリが連携することで、込み合うイベント会場での多様なサービスを少ない運営負荷で実現しました。

音波ビーコンによるクーポン配布

会場内に設置された複数の音波ビーコンを検知し、指定された特典の付与を自動的に行うことができます。

音波ビーコンを活用したスクラッチゲーム

音波ビーコンと連動するオリジナルのスクラッチゲームでは当選確率や一日あたりの当選数など細かく設定できます。

様々なデータを元に分析

アプリから得られる音波ビーコンの検知ログ、アプリの利用に関するログやユーザーの属性データを集計・分析することで、今後のイベントの改善に貢献することができます。音波ビーコンの検知ログからは人の流れや動向を、アプリの利用ログやユーザー属性データからはリスナー層や世代・属性別の行動や興味などを分析することができます。 これらの分析データは今後のイベントの参考情報として活用できます。